バイアグラは3大ED治療薬の1つになります。副作用や効果、そして気になる勃起の仕組について紹介しています。

EDとはなんだろう

悩みを抱えている男

長く人生を過ごしていると、さまざまな悩みというのが出てきますよね。

家庭での悩みであったり、職場での悩み、人間関係はもちろん計画の成否といった部分にも悩みは出てくることでしょう。

そんな悩みというのは自分の中で完結するものと、他人にも影響を及ぼすものがあります。

ここで問題になるのが、自分の問題が他人の問題にもなってしまうということです。

では、それはどういったものなのでしょうか?

男性にとって深刻な問題のひとつとして有名なのが「ED」です。

EDは勃起不全のことで、勃起機能の低下という意味を現す「Erectile Dysfunction」の略称です。

EDになると勃起がうまくいかずに、性行為がうまくいかなくなってしまうので、男性にとっては男性であることを否定されてしまったかのように感じます。

そして、それはパートナーにも関わることでもあるため、一人の問題でも無いというのも大きな問題です。

現在、成人男性の4分の1もの人が、勃起が十分ではないといわれています。軽度のEDと診断される男性を含めるとその数値はさらに高まり、なんと2分の1もの有病率になっています。

EDは男性にとって、軽視できない非常に深刻な病気だと言えるでしょう。

勃起の仕組みを知る

勃起の仕組み

勃起というのはして当たり前という認識で、大半の人が深く考えたことがないと思います。

そんな勃起という現象はどういったメカニズムで起こっているのでしょう。

「エッチなことを考えると勃起する」という印象でしかないですが、やはりそこには何らかの物理的な要因があります。中には「陰茎の海綿体に血液が集まるから」とまでは認識されている人もいらっしゃるかと思いますが、その認識はまだ不十分だと言えるでしょう。実際にはもっと複雑なメカニズムがそこにはあるのです。

勃起のメカニズムを知ることで、EDの改善方法もみえてくるかもしれません。

勃起へと至るには大きく分けて三つのポイントがあります。

ひとつは「脳」、次に「脊髄」、最後に「男性器」です。

まず男性が視覚や触覚など五感によって性的刺激を感じることで、脳が性的興奮を感じます。そうすると、脳はその興奮を身体のあらゆる器官へ伝えようとするのです。

男性器へとその信号が向かうことで勃起へ至るのですが、その際には脊髄の中にある「勃起神経」を通って行きます。脳と男性器は直接的には繋がっていないので、勃起神経は勃起のためには非常に重要な神経だと言えます。

この勃起神経には「交感神経」と「副交感神経」という2種類の神経があります。

この2種類の神経は交互に働いていて、交感神経がはたらいている時は副交感神経が休んでいて、副交感神経がはたらいている時は交感神経が休んでいます。

どちらの神経がはたらいているか、というのは私たちがリラックスしているか、緊張しているかなどその状態によってかわります。私たちが緊張している状態やストレスを抱えている状態、活動している状態のときは交感神経がはたらきます。反対に、リラックスしていたり、寝ている状態などでは副交感神経がはたらきます。

このうち、副交感神経がはたらいている時には性的興奮の信号が男性器へと届きますが、交感神経がはたらいている時は勃起信号がうまく男性器へと伝わらないので、勃起できません。

つまり、リラックスした状態(副交感神経がはたらいている状態)でないとうまく勃起することができないのです。

男性器へ性的興奮の信号が行くと、血液中に一酸化窒素(NO)という物質が増えて血管を膨張させ、サイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)という物質を生成します。このcGMPによって海綿体へ血液が流れ込みやすくなり、勃起状態になるのです。

EDの症状

EDの症状を解説する医者

EDと聞くと勃起しない状態のこと、というように認識されている人が多いのではないかと思います。「自分は勃起自体はするからEDではない」と思っている人もいると思いますが、そこには間違った認識もあるかもしれません。

EDとは正確には「勃起時の硬さが十分ではない状態」、「勃起しにくく、しても持続しない」、「挿入できても萎えてしまう」といった状態も含むのです。

自分は実際にはどうだったかな?と思ったら一度調べてみましょう。

実は、勃起の硬さでEDかどうかを確かめる勃起硬度測定評価(EHS)というものがあります。勃起時の硬さがどれくらいかで、EDの可能性を測るというものです。

グレード4…勃起した時に、硬さがリンゴのようである状態です。陰茎が完全に硬直している状態です。

グレード3…勃起時の硬さがグレープフルーツくらいです。陰茎が十分に硬く挿入も満足に出来るが完全な硬さではない状態です。

グレード2…勃起時の硬さがみかんと同じくらいです。陰茎は硬いものの挿入には十分ではない状態です。

グレード1…硬さがこんにゃくのようであればグレード1です。陰茎は大きくはなるものの硬くはならない状態です。

グレード0…そもそも陰茎が大きくならない状態を指します。

グレード0~2であればEDの可能性が高いと言えますし、グレード3以上であっても持続しないなど満足な性交が出来ていないのであればEDの可能性があると言えます。

ED治療薬なら改善出来る

ED治療薬なら改善出来ることを力強く保証する医者

EDになってしまうと、性行為が出来なくなってしまいます。ともなれば男性としての自信やパートナーとの関係にも支障をきたしてしまいます。

EDの改善には食生活や適度な運動といった生活習慣の見直しが重要だと言われていますが、改善の道のりは長くそれまでにも性行為というのは試みることもあるでしょう。そんな時に利用したいのがED治療薬です。

そう、病気には必ずと言って良いほど、治療薬が存在します。EDもそれは然りです。

風邪を引いた時には風邪薬を飲むように、頭痛の際には頭痛薬を飲むように、EDにはEDの治療薬があるのです。ED治療薬を服用すれば、勃起状態になることが可能なので性行為も行うことが出来るのです。

なので、悩まずにまずはED治療薬を利用してみましょう。

バイアグラというED治療薬

バイアグラ

みなさんは何かを利用する際には何を基準に決めていますか?

例えばおいしいラーメン屋さんがあったとします。

直感でここで食べよう!という人もいるとは思いますが、多くの人は口コミや人気などを見て食べてみようかな?と考えるのではないでしょうか。

やはり有名なものというのは、その根拠があります。有名でないと駄目なものというわけではありません。好みや個人差というのは付きものですし、万人に受けたものが自分に受けるとは限らず、万人に受けないものが自分には受けるということはあるものです。

ですが、多くの人に人気があるからこそ確実性や安全性がある……、そんな信憑性を人は期待してそれを手に取るものです。有名なものというのは、そういった証なのです。

はじめてのものや、失敗したくないものほど有名なものを試したくなるというのは当然のことです。

ED治療ともなれば、病気も病気なので色々やってみるというよりは、効果が期待出来るものを一回で決めて治してしまいたいという心理もあるでしょう。

ではそんなED治療薬でもっとも有名な医薬品と言えば何でしょうか?

それは「バイアグラ」です。

EDに関心が無くても知っているという人も居るくらい有名な医薬品だと思います。

バイアグラであれば、きっとED治療に役立ってくれることでしょう。

>>バイアグラの通販はお薬なびへ

世界で最も有名なED治療薬「バイアグラ」とは

バイアグラのシートと錠剤

バイアグラとは、世界で一番有名なED治療薬です。

世界で最初に登場したED治療薬でもあります。

EDで悩んでいた当時の男性にとってその衝撃は計り知れなかったことでしょう。

日本においては、その誕生がメディアによって日本全国に知れ渡り、個人で輸入する人が絶えず、他の医薬品では例にみないスピードで承認されたという経緯があるほどです。

今でこそその他のED治療薬も出ていますが、それでもバイアグラの知名度がとても高いのは、最初の衝撃もあるでしょうし、なんといっても確かな効果とブランド力、長年の信頼がもっとも大きいでしょう。

誕生と名前の由来

バイアグラ誕生と名前の由来を解説する医者

世界的に見てもED治療薬として多くの国で利用されているバイアグラ。

EDの男性にとっては欠かせない医薬品として重宝されています。本当に登場してくれて良かった、作ってくれた人は素晴らしい!とリスペクトしたいのですが、実はこのバイアグラという医薬品はED治療を目的に作られたわけではなかったという経緯があるのです。

このバイアグラ、本来は狭心症の医薬品として開発が進められていました。

しかし、臨床試験の過程において、その効果としては期待出来るほどでもなかったといいます。医薬品を回収しようとしたところ、試験者が返却をしぶったので理由を調べてみると、なんとそこには男性器の勃起を促進させる効果が認められたのです。こういった経緯から、急きょ開発進路を変更し、ED治療薬として販売されたのです。

商品化する際にバイアグラと名付けられたこの医薬品。

なぜバイアグラになったのだろうと疑問に思ったことはありませんか?

バイアグラ=「Viagra」はVITAL(生き生きとした)と、NIAGARA(ナイアガラの滝)の単語を合わせた造語で、「男性の精力(生命力)がナイアガラの滝のようにあふれ出る」という意味が込められているのです。

まさに名は体を表す、にふさわしい命名だったと言えるでしょう。

バイアグラの効果

バイアグラの効果で元気な男

バイアグラはEDになってしまい勃起が不完全で性交が満足に得られない人が勃起力を回復させる為に使う治療薬です。服用することで、従来のように性行為が出来る状態になります。

勃起をする際のメカニズムとして、血液中に一酸化窒素(NO)という物質が増えて血管を膨張させて、さらにサイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)によって血流が海綿体へ流れ込みやすくなり、勃起へと至ります。

しかし、このcGMPを妨害する「PDF-5」という物質が増えてしまうことで勃起を妨げられてしまうのです。これがうまく勃起できない理由の一つなのです。

そんなPDF-5の働きを妨害する成分が、バイアグラには含まれています。

その成分が「シルデナフィル」です。

効果の持続時間は5時間~6時間程度と言われており、効き目も服用から1時間ほどで現れます。

性行為を行う際に役立つED治療薬、しっかり勃起してくれるとはいえども、男性としては勃起の状態も気になるところ。やはり、硬さというのは重要なポイントになると思います。ですがご安心ください、バイアグラであれば他のどのED治療薬よりも勃起力、つまりペニスの硬さはもっとも硬い状態になれるのです。バイアグラがあれば性行為自体を楽しむことも容易にできるでしょう。

服用方法を守ろう

服用方法を守る男

医薬品はすべてにおいてそうであるように、服用方法というのは守らないといけません。

バイアグラは錠剤で、水やぬるま湯と一緒に飲むことで服用します。まれに水無しで錠剤を飲み込んでしまう人もいますが、ああいった服用方法はオススメ出来ません。水が必要とされる理由は二つ、一つ目は流しやすくするということ。のどや食道に医薬品が引っかかってしまう可能性もあります。これでは十分に効果を発揮することは出来ません。

二つ目は医薬品が直接粘膜に触れてしまい、それが刺激になって粘膜に障害を起こしてしまう危険性があるからなのです。

水分があることで有効成分が溶け出しやすいというメリットもあります。そのために水、またはぬるま湯といった飲み物と一緒に服用することが推奨されているのです。

とはいえ、絶対に水やぬるま湯でないといけないというわけでもありません。そういったものが無い場合はお茶や清涼飲料水でも服用出来ます。アルコールについては飲み過ぎない程度の量で服用すれば効果に悪影響を及ぼすことはありません。

一緒に飲んではいけないのは牛乳です。薬の吸収を妨げることになってしまうので注意しましょう。

また、噛み砕いて服用すると早く効くと勘違いされている方もいらっしゃいますが、効き目には関係がありません。

バイアグラは性行為の度に服用するというのは危険です。効果は5~6時間なので、効果が切れてからもう一度性行為を行うこともあるかもしれませんが、バイアグラの服用は24時間あけてからの服用をするようにしておきましょう。仮に規定の間隔をあけずに連続で服用してしまったり、その日初めて飲んだけれど効果が無いからといってさらに飲むといったことをしてしまうと、急激に低血圧状態に陥ったり、副作用を増大させてしまう危険性があります。望む効果が出ないから副作用も出ないというわけではないのです。

どんな医薬品にも言えることですが、用法用量はしっかりと守って服用するようにしましょう。

服用するタイミング

服用するタイミングを解説する医者

医薬品の効果をしっかりと得たいと思うなら、用法用量を守るだけではなく、服用するタイミングにも気を付けておきたいところです。

タイミングを間違えると、効果が半減されてしまったり効果が全く感じられなかったりしますが、タイミングを計ることで効果を効率的に得ることが出来るのです。

バイアグラは服用1時間で効果が効き始めるとなっていますが、じつは空腹時に服用することでその時間を半分の30分ほどで得ることが出来ます。

医薬品は薬が溶け、その有効成分が血管に浸透して初めて効果が発揮されます。この時、胃に食べ物などが入っている状態だと、薬の成分が溶けて血管に有効成分が浸透するまでに時間がかかってしまいます。また、その効果自体をも半減しかねないのです。

このようなことから、バイアグラは空腹時の服用が推奨されているのです。

食事を取ってしまった場合、消化されるのを待ってから服用することになります。普通の食事程度であれば消化時間は通常2時間ほどだと言われているので、2~3時間後に服用するようにしましょう。

また、油分の多い食事であった場合は特に注意が必要です。バイアグラの成分が油分と一緒に流れて行くからです。油分は胃の中に長く残るので、食事後に服用しようと2時間待ってもまだ残っていることがあります。食事をどうしても先にしなければならないという場合には油分が少ない和食がオススメです。かつ、腹6~7分目を意識した食事をとることを意識しましょう。

バイアグラの特徴

バイアグラの特徴を説明する医者

繰り返しになりますが、バイアグラは世界でもっとも有名なED治療薬です。

これは世界初のED治療薬であることはもちろん、その効果の高さが影響しています。

バイアグラはED治療薬の中でも比較的早く効果が発揮されます。

そのため、急に性行為をすることになったという場合であってもすぐに服用すれば問題なく済ませることができるのです。

さらに勃起力の高さ、この点もバイアグラ最大の魅力のひとつといっても過言ではありません。

ED治療薬の中でもトップクラスに硬くなると言われているので、この点もバイアグラの持つ素晴らしい特徴だということができるでしょう。

副作用を知っておこう

バイアグラの副作用を指摘する医者

医薬品である以上は、なんでも副作用は付きものです。

それはもちろんバイアグラにも言えることです。

バイアグラの副作用のこともしっかりと理解しておくことで、正しく利用することができるでしょう。

バイアグラの副作用は、軽度な頭痛や顔の火照り、動悸があります。

これはバイアグラの主成分であるシルデナフィルがもつ血管拡張作用によって起こるもので、目の充血や身体が熱くなるといったものも同じ理由です。

基本的に、これらの症状はバイアグラの効果が切れる5~6時間が経つとともに治まりますが、もしこのような症状がなかなか治まらない、もしくはひどいという場合にはすぐに医師に相談しましょう。

あまりにも効果が強いと感じた時、または副作用が強いと感じた時は、ピルカッターなどでバイアグラの服用量を調整するといいでしょう。

また、勃起を促進させる医薬品ではあるものの、勃起状態が収まらないという場合にも医師へ相談しましょう。あまり長く続いてしまうとペニスが損傷してしまい勃起機能を永続的に失ってしまう可能性があるからです。

バイアグラは最初に出来たED治療薬というだけあって、他のED治療薬と比べると若干副作用が多いとは言えます。しかし、致命的なものが多いというわけではなく、信頼度から来る安心感に勝るものではありません。

併用禁忌薬とは?

併用禁忌薬を指摘する医者

服用する医薬品と一緒に飲んではいけない医薬品のことを「併用禁忌薬」と言います。

医薬品の効果が得られなかったり、副作用をさらに強くさせてしまったり、最悪の場合、命の危険まで伴う可能性もあることから、絶対に守っておきたいポイントです。

そんな併用禁忌薬がバイアグラにも存在します。

「ニトログリセリン系」の医薬品です。

ニトログリセリンは狭心症や心筋梗塞の医薬品に使われています。なぜこれが問題なのかというと、狭心症も心筋梗塞も病状から察しはつくかと思いますが、どちらも血流が悪くなり血管などに詰まってしまい健康を害する病気です。なのでこれらに対する医薬品の成分、ニトログリセリンには血管を拡張する効果があります。

バイアグラの成分であるシルデナフィルもまた血管を拡張させるものです。バイアグラが血管を拡張させることで陰茎の海綿体に血流を流しやすくするというのは、ご存知かと思います。

バイアグラとニトログリセリンを併用すると、その効果がダブルで効いてしまい、血圧を下げ過ぎてしまうのです。最悪、死の危険性もあるので、気を付けておきましょう。

他にも、スルピリドといったうつ病治療薬にも注意が必要です。ニトログリセリンのように命に係わるということまではないのですが、この医薬品には性欲を落とし勃起力が低下するという作用がありますので、バイアグラと併用してしまうと効果が相殺されてしまうことがあるのです。利用しているという方は注意しておきましょう。

三大ED治療薬とその比較

三大ED治療薬

ED治療薬としてEDの症状に効果を発揮するバイアグラ。とても頼りになる存在です。実はそんなED治療薬にはバイアグラの他にも医薬品が存在します。

「レビトラ」と「シアリス」です。この二つとバイアグラを含めた三つを三大ED治療薬と言います。

これらもまたEDの症状に効果的な医薬品であり、多くの男性に使われています。これらは後発されただけあって、バイアグラとは違った効果や効能をも期待することが出来ます。

ですが、後発だからといってもバイアグラを凌いでいるというわけでもありません。

もちろん、有効成分によって体に効果があるものとないものがありますし、自分に合ったものを選ぶというのが正しい使い方と言えるでしょう。

レビトラについて

レビトラ

レビトラもまた、ED治療薬のひとつです。服用することで、勃起を促進し性行為を可能にしてくれます。

バイアグラの次に発売された医薬品で、青い菱形のバイアグラに比べ、レビトラはオレンジ色の円形をしています。

レビトラの主成分はバルデナフィルというものです。

この成分は水に溶けやすいという特徴があります。水に溶けやすいということは、身体の中でも溶けやすく効きやすいということでもあります。個人差はもちろんありますが、レビトラは服用から最速20分程度で効果が発揮されるといわれています。

効果の持続時間は5時間~10時間となっています。

また、レビトラは食事の影響を受けにくいという特徴もありますが、空腹に越したことはないので、服用の際には食事を避けるようにしましょう。

併用禁忌薬はHIV治療薬や抗不整脈薬などです。服用する際には医師に相談しましょう。

ちなみに名前の由来ですが、レビトラは英文で「LEVITRA」、これはleとvitraから成り立っており、フランス語で男性定冠詞のleとラテン語で生命を意味するvitraで「男性の生命」という意味が込められています。

さらにレビトラのマークが気になった人もいるかと思います。

マッチの炎のようなこのマークの意味は、マッチのように素早く効果が出るという意味があります。

シアリスについて

シアリス

シアリスも同じくED治療薬としてレビトラに次いで発売された医薬品です。服用することで勃起を促進して性行為を可能にします。

シアリスは卵型で黄色の錠剤になっています。

シアリスの主成分はタダラフィルと言います。特徴は投与後は36時間という長い間効果が続くことで、体内へ吸収されてしまえば食事の影響を受けないで済むということから、利用者が焦りやプレッシャーを感じずに使えるというメリットがあります。

この長時間の持続効果は金曜の夜に使用すると日曜の昼間まで持つということから「ウィークエンドピル」とも言われており、多くの男性に親しまれています。

しかし、効果が長く続くなら、シアリスが一番いいのでは?と思うかもしれませんが、シアリスは効果を発揮するまでにかなり時間を要します。

そのため、急に性行為をすることになったという場合に対応することができないのです。

シアリスもまた食事の影響を受けにくいという特徴があるものの、服用時にはやはり空腹時がオススメです。

併用禁忌薬はニトログリセリンなどで、この点はバイアグラやレビトラなどとは変わりませんね。

種類のあるED治療薬ですが、効果もさまざまですので、状況などに合わせて選ぶのが大事です。

バイアグラとレビトラ

レビトラのパッケージとシート

同じED治療薬としてもわずかな違いがあることも知っておきましょう。

バイアグラとレビトラはどちらも同じ目的を持った医薬品ですが、二つを比べるとどのような違いがあるのでしょうか。

まず容量ですが、バイアグラは25mgから50mgがあるのに対し、レビトラは10mgと20mgになっています。

服用してから効果が出るという速度が大きな違いで、バイアグラが最速で約30分に対してレビトラは約20分で効果が効き始め、薬の効果がもっとも高まるまでの時間はバイアグラが約60分なのに対し、レビトラは薬45分となっています。

この点で言えば、レビトラの方が優位でしょう。

レビトラも勃起力という点においてはバイアグラの方が優勢といえます。

レビトラも勃起力はあるほうだと言われていますが、バイアグラほど効果が強くないので、硬さを求めるならバイアグラ、即効性を求めるならレビトラという感じで決めるといいかもしれません。

バイアグラとシアリス

シアリスのパッケージとシート

この二つもまた同じED治療薬ではあるものの、大きな違いが見て取れます。

容量はバイアグラが25mgから50mgがあるのに対し、シアリスは10mgと20mgになっています。

服用から効果が出るまではバイアグラの約30分に対しシアリスは約60分で、効果がもっとも高く感じられるのは約60分のバイアグラに対し、シアリスは約30分~240分と幅が広くなっています。

特筆すべきはその持続時間でしょう。

バイアグラが5~6時間に比べてシアリスはなんと最長36時間もの間効果を発揮します。これひとつでかなりお得にED治療が出来てしまいそうですよね。

ウィークエンドピルとも呼ばれるほどのシアリス。その効果持続時間は非常に素晴らしいものですが、効果がゆるやかに効きだすため、即効性という面ではバイアグラには劣ります。

このように医薬品によって特徴が異なることを考えると、やはり状況に合わせた使い分けが重要だと言えるでしょう。

ジェネリック医薬品という選択肢

カラフルな医薬品の数々

EDになってしまった男性にとって、その治療薬というのは藁をもつかむ思いで手にしたい医薬品だと言えるでしょう。

パートナーとの性行為は快楽のほかにも、関係を確かめる行為でもありますし、それがうまくいかないともなれば、大問題です。

そんな悩みを解決してくれるわけなので、この医薬品はとても貴重です。

そんなバイアグラ、レビトラ、シアリスですが、他の記事にも紹介されている通り若干効果が違うので、自分に合った使い方で商品を選ぶという選択肢も可能です。

この三大ED治療薬はとても有名で、ゆえに多くの製薬会社がジェネリック医薬品を作っています。

ジェネリック医薬品というのは、特許の出した製薬会社の特許期間が切れたことで他の製薬会社が作れるようになった際に出せる医薬品の事ですが、こういった形で三大ED治療薬が手に入るというのは、利用者にとってはとてもありがたいことだとも言えます。

なぜなら、その分欲しい効能を持った医薬品の幅が広がるということにもなるからです。大げさな話、バイアグラがどこに行っても手に入らないという状況であっても、そのジェネリック医薬品であるカマグラなら手に入るかもしれません。

ジェネリック医薬品と聞くと、安く買えるというイメージが強いと思いますが、それだけでなく、欲しい医薬品が手に入らない場合でも同じ効果のある医薬品を手に入れることができるというメリットもあるのです。

バイアグラのジェネリック

カマグラ

多くの医薬品にはジェネリック医薬品というものがありますよね。同じ効能で安価で手に入るというのがジェネリック医薬品です。

さて、ED治療薬として代表的な医薬品であるバイアグラ。当然ながらそんな商品のジェネリック医薬品が欲しいという人も居ることでしょう。

ジェネリック医薬品は効能こそ同じとはいうものの効能に関係のない部分では100パーセント同じではありません。影響はない部分だとは言うものの、やはりブランドでないと気になるところはあるかもしれません。しかし、値段は全く違って来るので、その選択価値は十分なのではないでしょうか。ブランドにこだわらないのであれば、これほど魅力的なものは無いと言えるでしょう。

もちろんバイアグラにもジェネリック医薬品というのは存在します。たとえば「カマグラ」と呼ばれる医薬品です。バイアグラの効能をジェネリック医薬品で手に入れたいと思うのであれば、カマグラを利用してみましょう。

おすすめの記事

バイアグラを個人輸入で購入する男

バイアグラの購入方法

バイアグラは個人輸入代行者を通して購入するか、病院で処方してもらいます。通販と、病院に差について紹介しています。

カマグラのパッケージとシート

カマグラとバイアグラ

カマグラはバイアグラのジェネリックになり、同じ効果を持っています。気になる効果や価格、購入方法について紹介しています。

ジェネリック医薬品について説明する医者

バイアグラのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の先発医薬品との違い、病院が勧めるメリットについて紹介しています。

糖尿予備軍

EDの原因とは?

ED(勃起不全)の原因、EDになりやすい人、EDの改善方法について紹介しています。