TOP > バイアグラのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の先発医薬品との違い、病院が勧めるメリットについて紹介しています。

ジェネリック医薬品と先発医薬品の違い

ジェネリック医薬品について説明する医者

新しく作られた医薬品のことを先発医薬品と言います。

最初に製薬会社が作り特許を取得、やがて特許が切れると他の製薬会社が同じ医薬品を作れるようになりますが、そうやって作られた医薬品のことをジェネリック医薬品、後発医薬品と言います。

このジェネリック医薬品と先発医薬品の違いとはどんなところなのでしょうか?

先発医薬品では何も無い所からの開発になるので多額の費用と時間がかかります。一から有効成分を研究し、試行錯誤を繰り返して医薬品を作り出さないといけないからです。この新薬を開発するというのはとても大事で、一般的に費用は300億以上かかるうえ、開発までの期間も9年から17年ほどかかるとも言われています。

この元を取るために製薬会社は特許を取るわけです。

認められた特許期間が過ぎると他の製薬会社もその医薬品を製薬することが出来ます。

ジェネリック医薬品として製造する場合、すでに有効成分は開発と検証をされているので、開発にかかる費用と時間は節約することが出来ます。

なので発売する価格も安価で済むため、ジェネリック医薬品は安いということになるのです。

私たち使用者にとっては、ジェネリック医薬品は安価で手に入るというメリットがあるものの、先発医薬品におけるブランド力には欠けるので、人によっては気になるところ。また、ジェネリック医薬品と先発医薬品の中には、効能や効果、用法用量が違う場合もあるので、元の医薬品とまったく同じだろうという先入観は禁物です。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品の安全性を保証する医者

ジェネリック医薬品は安価で手に入れることが出来ます。しかし、ゆえに安全性に不安を感じるという人も少なくはありません。やはり安いと、その分どこか雑なイメージを抱いてしまい、「劣化物」という認識をしてしまう部分があります。本来の製品よりも効果が薄かったり、身体に悪かったりはしないだろうかという心配は拭い切れません。

ジェネリック医薬品というのは、開発費用が少なくて済むので低価格で販売されている医薬品です。

かといって、製薬の際に本来行うはずの手順などを怠っているというわけでもありません。ジェネリック医薬品は、新薬同様に製造管理や品質管理といったチェックを法律に則ってしっかりと行っています。

その際に行うチェック項目というのは、有効成分の純度や量を確認するための試験である「規格試験」、新薬と同様に体内で解けるかを確認する「溶出試験」、新薬と同じ早さで同じ量の有効成分がちゃんと体内に吸収されるかを確認する「生物学的同等性試験」、品質が温度や光などの刺激に影響されずに長期保存しても変化がないかを確認する「安定性試験」の4つです。

こういった試験を行っているので、安全性は保証されているのです。新薬同等の安心感を持って利用しても問題はありません。

メリットとデメリット

メリットとデメリットを説明する医者

ジェネリック医薬品は元となった医薬品となんら変わらない安全性が保証されていて、なおかつ効果や用法用量もほぼ同じもの、ではあるのですが、厳密に言うと医薬品の意味を成す主成分こそ同じものの、微々たる部分において違いがあるのは否めません。

ジェネリック医薬品は主成分が同じなので医薬品としては同等の効果を発揮するので、元の医薬品の安価版という認識は間違いではありません。ですが、医薬品のまわりを覆うコーティングや主成分以外の部分の材質が異なったりすることもあるので、ものによっては医薬品の溶ける時間や主成分の分解率が違ってくるものもあります。同じものなのに変えていいのかという意見もあると思いますが、ジェネリック医薬品の定義として変えて良いところと、変えてはいけないところという部分が決まっています。

有効成分の種類や量は同じであれば、形や色、味、添加物は変えても良いのです。この条件を満たせばジェネリック医薬品として成り立つのです。ゆえに場合によっては若干の違いも出て来るということです。

こういった部分はジェネリックの魅力ともいえます。形や色、味が変えられるというのはジェネリック医薬品の大きなメリットなのです。本来の医薬品が苦ければ甘くすることができますし、大きく飲みにくければ小さくするといったことも可能だからです。

これにより、元の医薬品が必要なのに飲み辛いという人も安心して利用が出来るようになるのです。

どうやって購入するのか?

購入は通販サイト等の個人輸入

「安価で同等の効果が得られる」というのはとても嬉しいメリットです。そんなジェネリック医薬品を購入するにはどういった方法があるのかというと、通常では病院などの医療機関で医師へ相談をします。普段処方している医薬品のジェネリック医薬品は無いかと尋ねましょう。基本的には医師は処方する際に本家の医薬品を処方するスタンスなので、金銭的に負担が少ないジェネリック医薬品で処方して欲しいなどという希望は、こちらから伝える必要があります。

また、個人輸入でも購入は可能になっています。ただ、この入手方法の場合は医師を通さないので処方箋は出ないため、自己責任による服用になります。しっかり調べてから利用しましょう。