やっぱりバイアグラ!シアリスではなく原点に戻ったED治療薬

バイアグラ・ジェネリックの種類

カマグラとはED治療薬のバイアグラと同じ主成分が含まれているジェネリック薬品になります。
バイアグラの主成分はシルデナフィルで、カマグラにも同様に含まれています。
インドのアジャンタファーマ社が開発販売しているのですが、ジェネリックの治療薬の開発に力を入れており、世界中でも有名な製薬会社です。
ジェネリックとは、先に開発してある先発薬に対して、特許が切れたものを他の製薬会社が同じ有効成分で開発することができます。
その開発されたものを後発薬としてジェネリックと呼びます。
インドは特許の観点の違いから、有効期限が切れていないものでも後発薬として開発が可能なため、後発薬を販売している会社が多くなっています。
カマグラはバイアグラの後発薬の中でもとくに有名な製品で世界中で愛唱されています。
その理由の一つが種類の多さになります。
基本的に経口治療薬なのですが、タイプが異なります。
ジェリー状のものや、水に溶かすタイプの発砲剤やタブレットで、お菓子のような味のものもあります。
錠剤が苦手な方も多いので、なめるタイプのものなども人気です。
カマグラに含まれている有効成分のシルデナフィルですが、効果の持続時間は4時間から5時間ほどだとされています。
個人差もありますが、大体1時間くらいまでには効果が実感できます。
日本ではシルデナフィルの含有量は50mg以下までと決められており、日本人には十分だとされています。
しかし、海外では100mgのものも販売されており、カマグラも同じく100mgがあります。
インドで販売されているほとんどが100mgのものばかりです。
日本人が初めて使用する際には、ピルカッターなどで半分にしてから様子を見て試しましょう。
シルデナフィルは、食事に影響されやすいとしています。
特に油ものは消化が遅いので、2時間間をあけたとしても効果が十分に発揮できません。
なるべく空腹時に服用するのがベストなのですが、流れなどで難しい方は野菜を取るなどして、なるべくヘルシーに済ますようにしましょう。
そして、心臓などに負担がかかりやすいので、心臓に病気がある方は必ず医師などに相談するようにしましょう。
元々性行為は心臓に負担がかかりますのであまりおすすめできません。
後発薬は人気な製品ほど多く存在します。
自分に合った製品を見極めて、楽しい性生活をおくりましょう。